スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

近況。お知らせなど。

富弘美術館主催の第二回詩画公募展に応募しまして
入選させていただきました。

落書きしたのは、通知いただいた後です。。あたりまえか。

みどり市内の小学生たちの子どもらしいのびのびとした絵や
一般の方々の心からの素直な表現に混ざって
絵を仕事にしちゃってる私も
素直な気持ちに(なれたのかなれないのか)
とにかく描いてみました〜〜。
公募展の展示が富弘美術館内で
12月2日から2月22日まで、あるそうです。
富弘さんの絵と同じ建物に展示していただけたら
それはワクワクするなあ。。

ブログの更新がすっかりご無沙汰しております..
PCが何度もいかれて何度もインストールし直し
いろんなソフトが使えなくなり
心折れ...PC作業から遠のいております。。
すみません。。でも私は生きております。
ジョイは相変わらず 元気でペットボトル集めております。

お仕事のお知らせ
まとめて一気に...

久しぶりに「百万人の福音」の連載が始まります。
2015年の1月号から
「ななさんぽ♪」(なにかの丸パクリ感のあるタイトル)
東京の街をお散歩したイラストルポです。
よろしくお願いします〜〜。

三浦綾子さん著ななみ画の「したきりすずめのクリスマス」
数年ぶりの再販になりました。
まだアマゾンにおりてないのですが版元で通販しています。
もしよろしければ→ 申し込みチラシ

ではみなさまも寒いですが風邪などひきませぬよう
ひいたらゆっくりお休みになれますよう
どうぞご自愛くださいませ。
 

スポンサーサイト

コメント

再び「塩狩峠」のコメントです。

YouTubeで映画みました。出演している俳優さんたちは名前は知らないけれど、昔よくテレビドラマに出ていた人たちでした(ふじ子役の佐藤オリエさんは、知っていました)。
信夫役の人はまったく知らない俳優さんです。中野誠也さんという方で、調べてみると、俳優座所属で現在も舞台やテレビ・映画等で活躍されています。
(映画は1973年の制作)

信夫のような人ってもちろん稀有な存在(クリスチャンであるなしにかかわらず)なんですが、こういう人が実在するから私たちは希望が持てるんじゃないかなぁ・・・って思います。

気になるのは、信夫なき後のふじ子さんのその後・・・。
彼女は一生独身を貫いたのでしょうか?
もし彼女がカトリックだったら、修道生活を選んだかもしれない・・・なんて、勝手に想像してます(北海道だから、函館の女子のトラピスト会とか)
私がふじ子だったらそうしていたかも・・・?
だって、いくらクリスチャンでも、ふじ子にとって信夫を超える男性は現れないと思うし、たぶん求婚されても断りますよね。

  • くらら
  • 2014/12/07 12:46

フェイスブックのコメントです(私、ツイッターやフェイスブックは見るだけなんで)。

そーいえば「塩狩峠」って有名な小説だけど、読んだことがないです・・・(-_-)

「道ありき」は高校生の時に読みました。たしかそれの続編の「この土の器をも」も読んだことがあります。
「道ありき」は、三浦さんの自伝的な小説です。

  • くらら
  • 2014/12/01 21:56

よっちゃん、FBから立ち寄り、久し振りに訪問致しました。
まずは入選おめでとうございます。
それに朗報は再販のお知らせを見ました。
神様が教えて下さったのね。
感謝しますね!

  • アサギマダラ
  • 2014/12/01 00:26

入選おめでとうございま〜す(^o^)

「ななさんぽ♪」の番外編で、ぜひ京都(カフェ&教会&切支丹ゆかりの地めぐり)に来てくださいませませ。
連載終了後は、本として出版されるんでしょうね。
その時は、ぜひ買いますよ〜ん♪って、めっちゃ気ぃ早いわ、私。

【PS】ななみ’Sネット通販お待ちしております。
  お忙しいと思うので、来年になってもいいですよん(^_-)-☆

  • くらら
  • 2014/11/27 20:48

富弘美術館 詩画公募展入選おめでとう。
PCも寒さで風邪?お休みすると快復するかな?

  • えいえっち
  • 2014/11/27 07:15